混交植栽人工林の現状と課題

混交植栽人工林の現状と課題

レコードナンバー833542論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
論文副題物質生産機能に関する研究を中心に
著者名長池 卓男
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ94巻・ 4号, p.196-202(2012-07)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (796KB) 
抄録単一種植栽人工林に代わるオプションとして注目されている混交植栽人工林について,利点・不利点,物質生産機能への影響とそれをもたらすメカニズムや今後の課題などを論じた。混交植栽人工林は,複数の種が植栽されることで生態的・生産的な便益がもたらされ,広範な物品や生態系サービスを供給することが多い。これらの利点は,多様な種へのハビタットや生態的ニッチが供給され林分レベルでの種多様性や生物間相互作用が維持・向上すること,物質生産機能が高まることが多いこと,等による。単一種植栽人工林に比較して混交植栽人工林で高い物質生産機能がもたらされるメカニズムとしては,競争緩和と促進のプロセスが作用している。混交植栽人工林は実験的に造成されていることが多いが,樹木や種の空間配置が規則的であること,解析対象の多くが若齢林分であること,等が問題点として指摘されている。混交植栽人工林をどのような目的を持つ人工林として造成するのかによって管理方法は異なるため,導入にあたっての整理すべき課題は多い。多様な生態系サービスを供給するようにデザインされた人工林管理においては,混交植栽人工林の利点が活かされるであろう。
索引語混交植栽人工林;種;物質生産機能;課題;利点;供給;単一種植栽人工林;メカニズム;生態系サービス;等
引用文献数93
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat