北海道産ハスカップ茶の創製と官能評価

北海道産ハスカップ茶の創製と官能評価

レコードナンバー833560論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名坂本 恵
荒川 義人
三好 孝二
金澤 康子
森谷 絜
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ59巻・ 9号, p.456-464(2012-09)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (1434KB) 
抄録北海道を主産地とするハスカップ果実から加工されるジュース搾汁後の残渣は,生果実重量の30%にも上る。残渣には果実と変わらない機能性成分が含まれているにも関わらず,多くが廃棄されている現状にある。そこで残渣の有効活用法として,HS茶を新規作製し,成分分析と官能評価等を行い,飲料としての可能性を検討した。HS果汁搾汁残渣を凍結乾燥して作製したHS茶(抽出液)は鮮赤色を呈する。HS茶含有の赤色系色素アントシアニン(シアニジン-3-グルコシド)量はHPLC法,芳香成分はGC-MS法で分析した。HS茶の官能評価は成人女性を対象に実施した。飲用による感情状態の変化を標準化質問紙法で測り,併せて脳波を測定して感情状態との対応を検討した。シアニジン-3-グルコシドは,HS茶乾燥重量100g当たり約1170mg含有され,果実や搾汁残渣の含有量に匹敵する量であった。香り成分としてリモネン等が検出された。官能評価で,対象者からは「色が好ましい」「飲みやすい」と評価された。また,HS茶飲用によって脳波α波左右偏側性が高まり,リフレッシュ効果が示された。残渣の有効活用である新規作製HS茶は,ストレス軽減という機能性を持つ飲料としての可能性が示唆された。
索引語官能評価;残渣;果実;シアニジン;グルコシド;量;HS茶;飲料;可能性;検討
引用文献数39
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat