タイプAトリコテセン生産菌のTri13によってコードされるシトクロムP450モノオキシゲナーゼはタイプBトリコテセンの生合成経路でも機能する

タイプAトリコテセン生産菌のTri13によってコードされるシトクロムP450モノオキシゲナーゼはタイプBトリコテセンの生合成経路でも機能する

レコードナンバー833669論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003608NACSIS書誌IDAN00334513
論文副題組換えFusarium graminearumによる3-アセチルニバレノールの生産
著者名前田 一行
東海 武史
市川 雛代
安藤 直子
小倉 信夫
米山 勝美
吉田 稔
木村 真
書誌名マイコトキシン
別誌名マイコトキシン研究会会報
Proceedings of the Japanese Association of Mycotoxicology
発行元マイコトキシン研究会
巻号,ページ62巻・ 2号, p.83-90(2012-07)ISSN02851466
全文表示PDFファイル (440KB) 
抄録Tri13はタイプAおよびタイプB生産菌においてそれぞれのトリコテセン経路中間体のC-4位の水酸化を担うシトクロムP450モノオキシゲナーゼをコードする。本研究では,Fusarium sporotrichioidesのTri13(FsTri13)がタイプBトリコテセンの生合成経路でも機能する証拠を示す。FsTri13を3-アセチルデオキシニバレノール(3-ADON)を生産するFusarium graminearumに導入し発現させたところ,新規代謝物3-アセチルニバレノール(3-ANIV)が培養液から検出された。3-ANIVは組換えトリコテセン3-O-アセチルトランスフェラーゼ(TRI101)を用いてニバレノール(NIV)を特異的にアセチル化することで簡単に調製できるが,Fusarium菌株そのものを用いて3-ANIVを生産できることを示した報告はこれまでなかった。遺伝子改変を施したこの3-ADON生産菌の3-ANIV生合成経路について,側鎖O-アセチルの脱アセチル化に関わるTri8遺伝子の機能と関連づけて議論する。
索引語ANIV;タイプBトリコテセン;アセチルニバレノール;機能;生産;生合成経路;コード;シトクロムP450モノオキシゲナーゼ;組換えFusarium graminearum;Fusarium sporotrichioides
引用文献数17
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat