ごみ焼却灰からの鉛除去技術の開発

ごみ焼却灰からの鉛除去技術の開発

レコードナンバー833702論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012372NACSIS書誌IDAN10370590
著者名河野 敏夫
岡崎 由佳
竹家 均
山崎 俊輔
山脇 一生
書誌名高知県工業技術センター研究報告
別誌名The report on works of Kochi Prefectural Industrial Technology Center
高知県工業技術センター報告
Reports of Industrial Technology Center of Kochi Prefecture
発行元高知県工業技術センター
巻号,ページ42号, p.57-66(2011-10)ISSN09168729
全文表示PDFファイル (845KB) 
抄録ごみ焼却灰をゼオライト化してリサイクルするために、原料となる焼却灰から鉛を除去する技術を開発した。焼却灰中の鉛化合物を特定することはできなかったが、焼却灰中での鉛化合物の分散状態を明らかにすることはできた。苛性ソーダ水溶液を用いたアルカリ処理及び電析処理の併用によって、焼却灰に含まれる鉛除去に成功し、焼却灰から合成したゼオライトは土壌環境基準における含有量基準値(150mg/kg以下)を満足するに至った。
索引語ごみ焼却灰;開発;鉛化合物;焼却灰;鉛除去技術;鉛;ゼオライト化;リサイクル;原料;除去
引用文献数5
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat