アセチル化木材を使用した集成材の接着性能と寸法変化

アセチル化木材を使用した集成材の接着性能と寸法変化

レコードナンバー833742論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
著者名柳川 靖夫
民谷 浩二
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ41号, p.59-67(2012-04)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (660KB) 
抄録アセチル化処理されたラジアタパイン材(アセチル化木材)のみを使用した集成材、およびアセチル化木材とスギ材もしくはヒノキ材(無処理木材)とを混用した集成材を作製するための製造条件とそれら集成材の性能、および集成材の含水率と寸法変化との関係を調べた。接着剤塗布量を増加させることにより、フェノール・レゾルシノール樹脂接着剤および1液型ポリウレタン接着剤は高い接着耐久性を示した。アセチル化木材を使用した集成材の寸法変化を、各種はく離試験の実施時に湿潤状態および乾燥状態で調べた結果、無処理木材を使用した集成材よりも低い寸法変化率を示し、このことは厚さ方向(半径方向)よりも幅方向(接線方向)において明確であった。アセチル化木材と無処理木材とを使用した集成材(混用集成材)の減圧加圧はく離試験の結果、アセチル化木材と無処理木材との間の接着に問題は認められなかった。混用集成材の寸法変化を減圧加圧はく離試験および20℃室温中でのデシケーターによる調湿試験で調べた結果、無処理木材をヒノキ柾目材とすることによりアセチル化木材と無処理木材との間の寸法変化の差は減少し、アセチル化木材と無処理木材との混用に際しては、無処理材の木理に配慮して積層することにより、同一方向における部位別の寸法変化の差を減少させ得ることが示唆された。
索引語無処理木材;集成材;アセチル化木材;寸法変化;使用;結果;混用;混用集成材;減圧加圧はく離試験;減少
引用文献数12
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat