夏季高温期におけるトマトのポット育苗において根域冷却の時間帯が生育および収量に及ぼす影響

夏季高温期におけるトマトのポット育苗において根域冷却の時間帯が生育および収量に及ぼす影響

レコードナンバー833762論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名木下 貴文
中野 善公
川嶋 浩樹
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ11巻・ 4号, p.459-465(2012-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (662KB) 
抄録黒色ポリエチレン製ポットを用いた夏季高温期のトマト育苗において,根域冷却を行う時間帯が苗の生育・活着および果実収量に及ぼす影響について検討した。根域冷却はポットの脇に設置した塩化ビニール製パイプ内に15℃の冷却水を循環することで行った。終日冷却では,無処理に比べて根の生育が促進されるのみの効果にとどまったが,昼間(7:00~19:00)のみの冷却によって,無処理よりも根に加えて地上部の生育が促進され,終日冷却以上に生育促進効果が高かった。一方,夜間(19:00~7:00)のみの冷却は,地上部の生育を抑制した。また,根域冷却によって根の生育が促進されることで活着が良くなることが分かった。さらに,育苗期の昼間の冷却によって果実収量が増加することが明らかとなった。昼間でも特に根域温度が上昇する時間帯(9:00~17:00)のみの冷却でも7:00~19:00の冷却とほぼ同等の効果が得られた。これらの結果から,本実験の環境条件下におけるトマトのポット育苗において,9:00~17:00の8hのみ平均で3~4℃程度培地中央部の根域を冷却することで生育が促進され,低段密植栽培における果実収量も増加することが明らかとなった。
索引語冷却;生育;昼間;根域冷却;促進;根;無処理;果実収量;トマト;ポット育苗
引用文献数36
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat