栽培時期,収穫サイズおよび収穫部位がツケナ在来品種大和マナ(Brassica rapa L.Oleifera Group)のグルコシノレートとイソチオシアネート含有量に及ぼす影響

栽培時期,収穫サイズおよび収穫部位がツケナ在来品種大和マナ(Brassica rapa L.Oleifera Group)のグルコシノレートとイソチオシアネート含有量に及ぼす影響

レコードナンバー833816論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032672NACSIS書誌IDAA1225492X
著者名杦本 哲史
西本 登志
鷲田 和人
浅尾 浩史
書誌名奈良県農業総合センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Prefectural Agricultural Experiment Station
奈良農総セ研報
Bull. Nara Agr. Exp. Sta.
発行元奈良県農業総合センター
巻号,ページ43号, p.51-60(2012-03)ISSN18821944
全文表示PDFファイル (717KB) 
抄録アブラナ科野菜である大和マナ(Brassica rapa L. Oleifera Group)の固定品種である'大和真菜'について,栽培時期,収穫サイズおよび収穫部位がグルコシノレートとイソチオシアネート含有量に及ぼす影響について評価した。6種類のグルコシノレートが検出され,グルコナピンとグルコブラシカナピンの主要なグルコシノレートは全体の78%以上を占めた。収穫部位や収穫サイズに関わらず,1月6日収穫(10月下旬播種)における全グルコシノレート含有量は,10月28日収穫(9月下旬播種)に比べ多かった。10月28目収穫におけるグルコナピン含有量は,収穫部位や収穫サイズに関わらず全グルコシノレートの50%以上を占めたのに対し,長期間低温にさらされた1月6日収穫ではグルコブラシカナピンの構成比率が大きくなり,グルコナピンと同程度となった。イソチオシアネート含有量は,全グルコシノレート含有量と同様の傾向を示し,葉身の方が葉柄よりも多く,1月6日収穫の方が10月28日収穫よりも多かった。収穫サイズが大きい(最大葉長40-60cm)'大和真菜'のイソチオシアネート含有量は通常の流通サイズ(最大葉長30cm)と同等以上であった。
索引語収穫サイズ;収穫部位;イソチオシアネート含有量;Brassica rapa;グルコナピン;グルコブラシカナピン;Group;影響;大和真菜;全グルコシノレート含有量
引用文献数34
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat