牛肉,豚肉,鶏肉および混合挽肉の化学成分識別

牛肉,豚肉,鶏肉および混合挽肉の化学成分識別

レコードナンバー833915論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名野口 剛
Saranwong S.
大倉 力
河野 澄夫
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ43巻・ 3号, p.9-14(2012-09)ISSN03888517
全文表示PDFファイル (469KB) 
抄録牛肉,豚肉,鶏肉,および混合挽肉(牛肉と豚肉,豚肉と鶏肉)の化学成分による肉種鑑別について検討した。調査項目は水分,粗脂肪,粗タンパク質,および脂肪酸組成とした。牛肉,豚肉,および鶏肉の部位別における挽肉の一般成分含量は部位による違いが大きく,複数の食肉において重なるため,一般成分含量による肉種の鑑別は困難と考えられた。牛肉,豚肉,および鶏肉の部位別に分析した脂肪酸組成については,リノール酸(C18:2),ステアリン酸(C18:0)等の脂肪酸において3畜種間で差がみられ,牛肉100%,豚肉100%,および鶏肉100%の肉種の鑑別に活用できると思われた。しかし,牛肉100%と混合挽肉(牛肉80%と豚肉20%),および豚肉100%と混合挽肉(豚肉80%と鶏肉20%)のC18:2とC18:0の分布が重なるため,これらの成分による肉種との識別は困難であった。そこで,脂肪酸組成等22変量を用いたPLS判別分析(食肉100%スコアを100,および食肉80%のそれを80とする)を行なった。いき値を92に設定すると,牛肉と豚肉の混合挽肉を牛肉100%と,および豚肉と鶏肉の混合挽肉を豚肉100%と誤判定する割合は0(ゼロ)になることが明らかになった。また,牛肉用,および豚肉用PLS判別モデルの構造を明らかにした。
索引語豚肉;牛肉;鶏肉;混合挽肉;肉;部位別;肉種;脂肪酸組成;鑑別;一般成分含量
引用文献数8
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat