哺乳動物初期胚発生における性的二形

哺乳動物初期胚発生における性的二形

レコードナンバー833997論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名木村 康二
松山 秀一
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ29巻・ 3号, p.103-112(2012-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1257KB) 
抄録哺乳動物において性的二形は主に性腺の分化以降に生じるが,いくつかの事象はそれよりも早期に見られる。その一つの例として初期発生胚の性比の偏りが挙げられ,他の例として牛の妊娠認識物質であるIFNTの発現が雌雄胚で異なることが挙げられる。これら発生初期胚で見られる性的二形の発現には直接あるいは間接的に不完全なX染色体の不活化が関わっていると考えられている。
索引語性的二形;例;発現;分化;早期;初期発生胚;IFNT;哺乳動物初期胚発生;哺乳動物;性腺
引用文献数118
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat