マウス卵母細胞におけるミトコンドリアの細胞内局在

マウス卵母細胞におけるミトコンドリアの細胞内局在

レコードナンバー834004論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名若井 拓哉
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ29巻・ 4号, p.155-160(2012-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1772KB) 
抄録卵母細胞が受精可能な卵子へと発育する過程でミトコンドリアの細胞内局在は大きく変動する。そこで,その局在の詳細を明らかにするために成長および成熟過程の卵母細胞におけるミトコンドリアの生細胞観察を行った。成長期の卵母細胞におけるミトコンドリアは細胞膜直下および核周辺に特に集中しているのに対して,成長を完了した卵母細胞では細胞質全体に拡散して分布しており,同一の組胞周期にある卵母細胞においても成長段階に応じてミトコンドリアの細胞内局在は異なることが分かった。また,成熟過程における卵母細胞のミトコンドリアをGFPでラベルし経時的に追跡したところ,局在のダイナミックな再構築が観察され,さらにそれは微小管の影響を受けていることが分かった。こうしたミトコンドリアの時間・空間的な制御は受精やその後の発生を支持するために必要と考えられる。
索引語ミトコンドリア;卵母細胞;細胞内局在;局在;成長;成熟過程;成長期;GFP;観察;時間
引用文献数19
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat