酸素消費量に基づいた凍結融解胚の選別

酸素消費量に基づいた凍結融解胚の選別

レコードナンバー834007論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名橋本 周
山中 昌哉
天羽 杏実
森本 義晴
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ29巻・ 4号, p.175-179(2012-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1123KB) 
抄録余剰胚を凍結し,凍結融解胚移植を実施することにより採卵あたりART成功率は飛躍的に向上している。それゆえ,高い発育能を持つ凍結融解胚の見極めが重要となる。哺乳動物初期胚が消費する酸素量を個別に測定する技術は複数のグループより提案され,ヒト胚の臨床現場でも使用されるに至っている。上述の計測技術を用いて我々はヒト凍結融解胚盤胞が融解数時間で利用する酸素量に基づいて,高い発育能力を持つ凍結融解胚盤胞の選別系を構築した。本稿ではヒト凍結融解胚盤胞が利用する酸素量に基づいた,発育能の高い胚盤胞の選別系について紹介したい。
索引語発育能;ヒト凍結融解胚盤胞;利用;選別系;酸素量;酸素消費量;凍結融解胚の選別;凍結;余剰胚;凍結融解胚移植
引用文献数18
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat