水道水質管理目標設定項目の候補とされている農薬のGC/MS一斉分析法の開発

水道水質管理目標設定項目の候補とされている農薬のGC/MS一斉分析法の開発

レコードナンバー834016論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名小林 憲弘
久保田 領志
田原 麻衣子
清水 久美子
杉本 直樹
西村 哲治
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ25巻・ 5号, p.378-390(2012-09)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (771KB) 
抄録水道水質管理目標設定項目の候補とされている農薬135物質のうち60物質のGC/MS一斉分析法を検討した。農薬混合標準液を用いた分析結果では,いずれの農薬についても,検量線の直線性および繰り返し分析の再現性は概ね良好であった。また,一日許容摂取量(ADI)に基づいて目標値を推定可能な59物質全ての定量下限値は各目標値よりも低い濃度となり,そのうち56物質については目標値の1/100よりも低い濃度まで定量可能であった。さらに,精製水および水道水を用いて添加回収試験を行ったところ,LogPowあるいは水溶解度によって,固相抽出カラムによって濃縮できるかどうかを判断することが概ね可能であり,43物質については,回収率の平均値が70~120%の範囲の良好な結果を得ることができた。なお,本研究において開発したGC/MS一斉分析法は,最終的には水道水質検査法の新しい標準検査法に発展させることを目的としているが,そのためには,複数機関による分析法バリデーションを行い,本法の分析精度を検証する必要がある。今後は,本法の妥当性評価を早急に実施したい。
索引語GC/MS一斉分析法;農薬;水道水質管理目標設定項目;候補;開発;目標値;濃度;本法;ADI;精製水
引用文献数14
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat