コーヒー豆の焙煎工程における農薬の挙動

コーヒー豆の焙煎工程における農薬の挙動

レコードナンバー834063論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名坂本 勝志
西澤 秀男
眞鍋 昇
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ53巻・ 5号, p.233-236(2012-10)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (472KB) 
抄録コーヒーの残留基準値は生豆に設定されているが,実際には生豆を焙煎し,さらに熱湯で抽出したものを飲料としている。2008年5月にはエチオピア産コーヒー豆でγ-BHCが基準値(0.002ppm)違反となり,現在も命令検査の状況である。しかし,加工してわれわれの口に入る場合の農薬の消長に関するデータは少ないので,γ-BHC,クロルデン,ヘプタクロル,過去に検出事例のあったアトラジンおよびピペロニルブトシシドの焙煎工程での消長を調べた。コーヒー生豆での残留濃度を2濃度設定し,焙煎前後の濃度を測定して,焙煎工程後の残存率を求めた。γ-BHCおよびアトラジンは,いずれの濃度でも焙煎により消失し,残存しなかった。一方,クロルデンおよびピペロニルブトキシドは2濃度とも焙煎工程後に残存が見られたが,90%以上は焙煎工程中に消失した。ヘプタクロルは高濃度で焙煎後に0.72%残存した。
索引語生豆;ヘプタクロル;濃度;残存;焙煎工程;農薬;焙煎;消長;クロルデン;消失
引用文献数7
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat