温帯の散孔材樹種における道管サイズの季節変化と水分条件との関係

温帯の散孔材樹種における道管サイズの季節変化と水分条件との関係

レコードナンバー834115論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019031NACSIS書誌IDAA11307929
著者名大橋 伸太
岡田 直紀
書誌名森林研究 = Forest research, Kyoto
別誌名For. res., Kyoto
森林研究
発行元京都大学大学院農学研究科附属演習林
巻号,ページ78号, p.89-95(2012-09)ISSN13444174
全文表示PDFファイル (1013KB) 
抄録散孔材における道管サイズの季節変化,およびその変化を引き起こす要因を明らかにするため,道管形成の観察と夜明け前と日中の葉の水ポテンシャル(Ψ leaf)の測定を定期的に行った。試料には落葉樹のカツラとユリノキ,常緑樹のアラカシを用いた。全ての樹種で道管サイズは一年の成長の始めに増加し,ある時期から減少していた。減少が始まる時期は樹種によって異なっており,カツラでは夜明け前のΨ leafの低下と対応が見られた。一方でユリノキとアラカシでは,道管サイズと夜明け前のΨ leafの対応は見られなかった。ただし夜明け前のΨ leafが他よりも低下していた個体では道管サイズの減少が早く始まっていたため,乾燥ストレスの影響が示唆された。日中のΨ leafは日変動が大きく,道管サイズとの明確な関連性は見られなかった。したがって,年輪内の道管サイズの変化は主に内的要因によって決まっており,乾燥ストレスは外部要因として道管サイズを減少させると考えられた。
索引語道管サイズ;Ψ;leaf;季節変化;減少;ユリノキ;アラカシ;散孔材樹種;水分条件;変化
引用文献数21
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat