LC/MSを用いた植物ホルモン分析における分析部直流(DC)電圧の報告

LC/MSを用いた植物ホルモン分析における分析部直流(DC)電圧の報告

レコードナンバー834130論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名福田 陽子
児島 清秀
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ65巻・ 1号, p.85-91(2012-09)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (329KB) 
抄録植物ホルモンであるIAA(インドール-3-酢酸)、ABA(アブシシン酸)、GA1(ジベレリン1)、GA4(ジベレリン4)の定量における最適条件を求めるために、DC電圧を変えて質量スペクトルを測定した。各標準物質において最適なDC電圧は異なることが明らかとなり、分析モードに対しても、最適なDC電圧は異なることが明らかとなった。それぞれの最適なDC電圧は、IAAはNegative Modeで65V、ABAはPositive Modeで20V、GA1はPositive Modeで20V、GA4は、ごく少量の試料であれば、Negative Modeで65Vあるいは80V,ある程度量のある試料であればPositive Modeで20Vであった。
索引語Mode;DC電圧;ABA;LC;IAA;試料;植物ホルモン分析;分析部直流;DC;電圧
引用文献数5
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat