牛鼻炎Bウイルスと牛アデノウイルス7型に対する各種処理を施した消毒薬の抗ウイルス効果

牛鼻炎Bウイルスと牛アデノウイルス7型に対する各種処理を施した消毒薬の抗ウイルス効果

レコードナンバー834137論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名桐澤 力雄
川本 哲
永幡 肇
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ65巻・ 11号, p.864-870(2012-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (533KB) 
抄録家畜防疫に用いられている消毒用資材の現場の使用条件下での口蹄疫ウイルスに対する消毒効果の指標とするために,口蹄疫ウイルスと同様の性状を持つ牛鼻炎Bウイルス(BRBV)とエンベロープを持たない牛アデノウイルス7型(BAdV-7)を用いて検討した。8種類の消毒薬(消石灰,炭酸ナトリウム,クエン酸,ヨウ素系,塩素系,アルデヒド系,複合及び水酸化ナトリウム添加消毒薬)を用いた。スラリー処理で両ウイルスに効果を示したのは消石灰と炭酸ナトリウムであった。生乳処理では,BAdV-7に対する塩素系消毒薬以外はすべて効果を示した。土壌散布と堆肥散布後のBRBVに対する効果は消石灰と炭酸ナトリウムでみられ,BAdV-7に対しては消石灰のみが効果を示した。以上の成績より,口蹄疫ウイルスの土壌や堆肥における消毒には消石灰と炭酸ナトリウム,生乳に対してはすべての消毒薬の有効性が示唆された。
索引語効果;消石灰;炭酸ナトリウム;消毒薬;口蹄疫ウイルス;牛鼻炎Bウイルス;用いて検討;スラリー処理;各種処理;抗ウイルス効果
引用文献数15
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat