Feline Gastrointestinal Eosinophilic Sclerosing Fibroplasiaの1例

Feline Gastrointestinal Eosinophilic Sclerosing Fibroplasiaの1例

レコードナンバー834139論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名東 一志
森田 剛仁
小泉 慶
深津 一之
島田 章則
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ65巻・ 11号, p.879-882(2012-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (490KB) 
抄録食欲不振,嘔吐の主訴で来院した10歳齢の猫の開腹手術を行ったところ,回盲結腸結合部獎膜面に腫瘤が存在し,同腫瘤は盲腸の一部と癒着していた。組織学的検査の結果,大型の線維芽細胞様細胞,密な膠原線維の小柱及び好酸球の著明な浸潤が認められた。大型の線維芽細胞様細胞はビメンチン及びα-平滑筋アクチンに陽性を示したことより,筋線維芽細胞と考えられた。また,病巣内に好中球及びマクロファージの浸潤を伴ったグラム陰性桿菌及び多核巨細胞の浸潤を伴った異物が認められた。以上の所見より,本症例はFeline gastrointestinal eosinophilic sclerosing fibroplasiaと診断された。
索引語浸潤;Fibroplasia;線維芽細胞様細胞;食欲不振;ビメンチン;病巣内;好中球;グラム陰性桿菌;多核巨細胞;Sclerosing
引用文献数11
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat