ハゲ山に森林を再生した小流域における降雨量-直接流出量関係の長期変化

ハゲ山に森林を再生した小流域における降雨量-直接流出量関係の長期変化

レコードナンバー834151論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名五名 美江
蔵治 光一郎
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ94巻・ 5号, p.214-222(2012-10)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (883KB) 
抄録本研究は東京大学演習林生態水文学研究所穴の宮試験流域を対象とし,単独流域法を適用して,ハゲ山に砂防植栽を施して森林再生を開始した期間(前期:1935~1946年)と,それから65年が経過して森林に被覆され,土壌が回復途上にある期間(後期:2000~2011年)で,森林の洪水緩和機能の指標の一つである降雨量と直接流出量との関係の違いを定量的に明らかにすることを目的とした。その結果,後期と比べて前期の方が,同じ降雨量に対して推定直接流出量が大きく,その差は,200,300,400mmの降雨量の降雨に対してそれぞれ16.0,25.8,33.5mmと推定された。前期と後期の差は,初期水分条件が乾燥の場合や,最大降雨強度が大きい場合により明瞭に現れた。例えば,初期水分条件が乾燥の場合,後期と比べて前期は,200,300,400mmの降雨に対して推定直接流出量がそれぞれ19.1,29.1,36.6mm大きく,最大降雨強度が大きい場合,後期と比べて前期は,200,300,400mmの降雨に対して推定直接流出量がそれぞれ36.3,56.7,71.3mm大きかった。一方,土壌が湿潤な場合および最大降雨強度が小さい場合は,両者の差は小さかった。
索引語後期;降雨量;森林;降雨;期間;場合;推定直接流出量;差;最大降雨強度;山
引用文献数13
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat