油圧ショベルによる作業路盛土の最適転圧回数

油圧ショベルによる作業路盛土の最適転圧回数

レコードナンバー834336論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019557NACSIS書誌IDAN10531146
著者名澤口 勇雄
菅原 大輔
佐々木 一也
立川 史郎
書誌名森林利用学会誌
別誌名Journal of the Japan Forest Engineering Society
発行元森林利用学会
巻号,ページ27巻・ 4号, p.225-232(2012-10)ISSN13423134
全文表示PDFファイル (624KB) 
抄録我が国の伐出事業の労働生産性を画期的に向上させるためには,超高密度路網を基盤に高性能林業機械化の推進が決定的に重要である。簡易で耐久性の高い作業路の作設技術を確立するために,盛土を対象に油圧ショベルのクローラによる転圧回数と路面支持力などとの関係から,最適転圧回数を提示した。北東北における新第三系の粘性土,砂質土,礫質土の土質において,機械質量7~13トン程度の油圧ショベルでは機種によらず,自然含水比状態(20~107%)で路面支持力(Ia値)と路面硬度を指標とすると,最適転圧回数は5回程度とされた。従前から現場において,転圧回数を多くすることによるオーバコンパクションが起こることは知られていたが,油圧ショベル機種と土質の関係から最適転圧回数の目安が示された。
索引語最適転圧回数;油圧ショベル;転圧回数;路面支持力;作業路盛土;土質;関係;伐出事業;耐久性;作業路
引用文献数18
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat