垂下カゴ式飼育によるアサリの中間育成

垂下カゴ式飼育によるアサリの中間育成

レコードナンバー834361論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名安信 秀樹
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ5巻・ 1号, p.33-38(2012-09)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (614KB) 
抄録放流用アサリ人工種苗の生産コストの低下を図るため,費用負担の大きい陸上水槽での飼育期間を殻長0.5mmまでとし,天然海域での動力を使わない簡易な中間育成方法を検討した。飼育方法について検討した結果,野菜カゴにアサリが抜けない目合いのネットをはめ込んだ垂下カゴ法が,この野菜カゴをコンテナに収容した垂下コンテナ法より成長が速かった。この垂下カゴ法を用いて殻長0.5mmのアサリを1カゴあたり10万個収容して56日間飼育したところ,87%の生残率が得られ,生残個体の15.0%が殻長5mm以上に成長した。
索引語アサリ;野菜カゴ;検討;垂下カゴ法;成長;飼育期間;垂下カゴ式飼育;中間育成;コンテナ;収容
引用文献数15
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat