ナルトビエイによるアサリに対する食害の防除に関する水槽実験

ナルトビエイによるアサリに対する食害の防除に関する水槽実験

レコードナンバー834364論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名薄 浩則
崎山 一孝
山崎 英樹
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ5巻・ 1号, p.57-66(2012-09)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (1051KB) 
抄録アサリの食害種であるナルトビエイについて,体盤幅50~85cmの供試魚を用いた水槽実験により複数の食害防除方法を比較検討した。その結果30cm以下の間隔での立て杭,1.6cm目合いの被覆網,18cm目合いの浮き網および20cm間隔の浮きロープで80%以上の残存率が得られ,防除効果の有効性が確認された。一方,アサリ大の玉石の散布は防除効果が得られなかった。また,ナルトビエイは掘ったアサリを海水とともに吸いこんで口に入れることが可能であること,殻長10mm程度のアサリ稚貝も摂餌対象であることが合わせて明らかとなった。
索引語アサリ;ナルトビエイ;水槽実験;防除効果;供試魚;浮きロープ;アサリ稚貝;摂餌対象;食害;防除
引用文献数27
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat