アサリ増殖基質としてのカキ殻加工固形物「ケアシェル」の利用

アサリ増殖基質としてのカキ殻加工固形物「ケアシェル」の利用

レコードナンバー834368論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名長谷川 夏樹
日向野 純也
井上 誠章
藤岡 義三
小林 節夫
今井 芳多賀
山口 恵
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ5巻・ 1号, p.97-105(2012-09)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (2486KB) 
抄録三重県鳥羽市浦村において,カキ殻加工固形物「ケアシェル」を網袋とともに敷設しアサリ増殖試験を行った。その結果「ケアシェル」の敷設によるアサリ個体密度の増加は確認されなかったが,敷設区でのみ殻長10mm以上の大型個体の出現が確認された。また,殻長3mm以下の稚貝の個体密度は,対照区に比べ敷設区で一時的に高かったが,その傾向は調査日で異なった。試験地では,航跡波によると推察される流速の変動成分の増加が観測されたが,流動環境の観測とせん断応力の算出による稚貝,堆積物および「ケアシェル」の安定性の評価によって,観測された流動環境下では,敷設の有無にかかわらず,堆積物や稚貝が移動させられることは少ないことが明らかとなった。今後は,敷設区において大型のアサリが多数出現したメカニズムを明らかにしていく必要がある。
索引語ケアシェル;敷設;敷設区;稚貝;観測;カキ殻加工固形物;増加;確認;堆積物;個体密度
引用文献数8
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat