錦鯉の鮮色効果に関する研究(2)

錦鯉の鮮色効果に関する研究(2)

レコードナンバー834949論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008155NACSIS書誌IDAN00182867
論文副題錦鯉体色中の赤色とカロチノイド色素添加餌料について
著者名岩橋 正雄
涌井 治雄
書誌名新潟県内水面水産試験場調査研究報告
発行元新潟県内水面水産試験場
巻号,ページ1号, p.53-58(1971)ISSN03861643
全文表示PDFファイル (248KB) 
抄録錦鯉紅白2年魚と赤無地0年魚を使用,アスタキサンチン,ルティンを量,組成等により8種類に分け餌料に添加,投与し,錦鯉体色の赤色との関係を調べた。1. 色差計からみた体色の変化は添加するルティン,アスタキサンチンの量に比例して赤味を増し,体色が濃くなった。又,ルティン区とアスタキサンチン区を比較すると赤味を増す点では差がなかったが,濃さにおいてはルティン区が大きかった。2. 色素の蓄積状況についてはルティン添加区においては,そのまま黄色色素(ルティン)として蓄積するものもあるが投与ルティン中のかなりの量が錦鯉体内で赤色色素(アスタキサンチン様)に変化して蓄積され,アスタキサンチンのみの添加区ではそのまま蓄積された。又,赤色色素の蓄積量は添加するルティン,アスタキサンチンに関係なく添加量に比例して蓄積された。3. 錦鯉体色に含まれるアスタキサンチン様赤色色素と体色との関係はその含有量に比例し赤味を増す傾向であった。又,ルティンとの関係はアスタキサンチン様赤色色素を同じとするルティンが少いと明るい赤,多いと暗い赤を示した。
索引語アスタキサンチン;蓄積;体色;量;添加;関係;比例;赤味;赤;鮮色効果
引用文献数2
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat