イワナの増殖について(3)

イワナの増殖について(3)

レコードナンバー835028論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008155NACSIS書誌IDAN00182867
論文副題餌付け期の飼育
著者名関 泰夫
小島 将男
書誌名新潟県内水面水産試験場調査研究報告
発行元新潟県内水面水産試験場
巻号,ページ6号, p.30-33(1978)ISSN03861643
全文表示PDFファイル (219KB) 
抄録生鮮冷凍オキアミ、冷凍ミジンコを餌付け飼料としてイワナの稚魚の餌付け試験を行った。実験区は3区設け1区は冷凍オキアミを給餌して飼育池の水深を4~9cmとした。2区は1区と同じ飼料を与えて飼育池の水深を9~14.5cmとした。3区はミジンコを与えて水深を23~33cmとし約80日間の飼育を行った。1. 生残率は1区が84.2%、2区79.7%、3区78.3%であった。2. 餌付け飼料として生鮮の冷凍オキアミ、冷凍ミジンコは有効であった。3. 餌付け後50~60日でニジマス用の稚魚用市販配合飼料のみで飼育が行えるようになり、試験終了時は体重が1gに達した。
索引語飼育;水深;イワナ;餌付け期;餌付け飼料;飼育池;生鮮冷凍オキアミ;冷凍オキアミ;飼料;ミジンコ
引用文献数7
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat