サクラマスの増殖に関する研究(1)

サクラマスの増殖に関する研究(1)

レコードナンバー835036論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008155NACSIS書誌IDAN00182867
論文副題魚野川を流下する銀毛化幼魚について
著者名関 泰夫
金子 文与
書誌名新潟県内水面水産試験場調査研究報告
発行元新潟県内水面水産試験場
巻号,ページ7号, p.17-25(1979)ISSN03861643
全文表示PDFファイル (665KB) 
抄録新潟県魚野川を流下する銀毛化変態したヤマメの流下時期と体長、雌雄、鱗相について調べた。1流下は春季では融雪による河川の増水が始まる時期と合致し例年3月下旬~5月下旬まで、秋季には10月中旬より12月頃までである。2体長は春季では平均15cm、秋季では13~14cmを示したが、最小型はいずれも10cm前後である。3体重は体長のほぼ3乗に比例し、秋の群では春の群よりそれを下回った。4銀毛化群の雌雄比は雌が大部分で90%前後をしめていた。5鱗相は多様であり環状線に中間帯(M)を有する個体がかなり多く、全ての個体の年令をウロコから推定することはできなかった。
索引語秋季;群;流下;個体;流下時期と体長;2体長;3体重;秋;春;多様
引用文献数18
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat