ニシキゴイ(Cyprinus carpio)の遺伝に関する研究(1)

ニシキゴイ(Cyprinus carpio)の遺伝に関する研究(1)

レコードナンバー835056論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008155NACSIS書誌IDAN00182867
論文副題斑紋における選抜の効果
著者名富田 政勝
岩橋 正雄
書誌名新潟県内水面水産試験場調査研究報告
発行元新潟県内水面水産試験場
巻号,ページ8号, p.71-73(1980)ISSN03861643
全文表示PDFファイル (133KB) 
抄録斑紋における選抜の効果を確認する目的でニシキゴイ品種中の丹頂(丹頂三色)を組材として、P2、P1、F1、F2における丹頂の出現率を調べた。1)丹頂の出現率は、P2 1.3%、P1 2.2%、F1 6.0%、F2 12.6%を示した。2)第一次選別時における型付率は、P2 49%、P1 36%、F1 23%、F2 7%を示した。3)斑紋の位置以外に斑紋の量についても選抜効果が現われ、緋斑紋が小型化した。
索引語P2;P1;F1;斑紋;丹頂;Cyprinus carpio;選抜;効果;出現率;ニシキゴイ
引用文献数6
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat