奥只見湖における湖産サクラマスの再生産に関する研究(2)

奥只見湖における湖産サクラマスの再生産に関する研究(2)

レコードナンバー835060論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008155NACSIS書誌IDAN00182867
論文副題湖産サクラマスの産卵溯上生態について
著者名本多 信行
片岡 哲夫
星野 正邦
関 泰夫
書誌名新潟県内水面水産試験場調査研究報告
発行元新潟県内水面水産試験場
巻号,ページ9号, p.16-23(1981)ISSN03861643
全文表示PDFファイル (284KB) 
抄録奥只見湖での湖産サクラマスの産卵遡上生態を解析するため、ダム湖流入河川の北ノ岐川でノゾキによる河川踏査と遡上親魚の捕獲を行なった。1. 北ノ岐川でのサクラマス親魚の遡上は8月25日~11月4日までの期間観察された。その溯上盛期は9月下旬の増水後であった。2. 産卵は9月中旬から11月上旬まで確認されたが、その産卵盛期は10月上旬~中旬(水温9.8~9.0℃)であった。3. 河川内で捕獲した親魚の大きさの主体は雌魚で体長40cm前後であり、雄魚は体長45cm前後と20cm前後に見られた。4. またその親魚の年令組成では、雌魚は多い順に2+魚(56.1%)、3+魚(22.8%)、1+魚(15.8%)、4+魚(5.3%)の順であった。一方雄魚では3+魚が最も高く50.0%で、2+魚の占める率は8.3%であった。5. 孕卵量と卵径は魚体の大きさとの間に正の相関が見られ、体長46.3cmのサクラマスの孕卵量は2,442粒、卵径6.37mmであった。
索引語2+魚;3+魚;1+魚;4+魚;3+魚;2+魚;孕卵量;湖産サクラマス;産卵;サクラマス
引用文献数4
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat