温度ショックによる、ニジマス染色体の倍数化効果について

温度ショックによる、ニジマス染色体の倍数化効果について

レコードナンバー835084論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008155NACSIS書誌IDAN00182867
著者名小島 将男
岩橋 正雄
書誌名新潟県内水面水産試験場調査研究報告
発行元新潟県内水面水産試験場
巻号,ページ12号, p.39-44(1985)ISSN03861643
全文表示PDFファイル (327KB) 
抄録3倍体ニジマス作成による不稔化を目的に、大量処理が可能な温度ショックによるニジマス染色体の倍数化について再検討した。1. 雌性発生、倍数化処理における温度毎の最適浸漬時間は27℃では12分、28℃で11分、29℃で7分、30℃で6分、31℃で4分、32℃で1.5分となり、温度と時間の関係についてY=69.7-2.13xの回帰式が推定された。(相関係数-0.988) 2. 3倍体処理においては28℃温水中に10~11分、30℃温水中に6分浸漬することにより100%3倍体化することが赤血球長径の値から確認された。3. 赤血球長径16.8μ以上の稚魚6尾の染色体数が88~94本であること及び2年魚の生殖腺が全て未発達で糸状であることが確認された。4. ニジマス染色体の倍数化を図る簡便な方法として温度ショックは有効であり、28℃の温水中に10~11分、30℃の温水中に5~6分浸漬する方法で実用上支障のないことが明らかにされた。
索引語温度ショック;ニジマス染色体;倍数化;6分浸漬;確認;方法;不稔化;最適浸漬時間;時間;13x
引用文献数9
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat