無水マレイン酸による木材の気相反応(3)

無水マレイン酸による木材の気相反応(3)

レコードナンバー835260論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
論文副題スギ辺材およびMDFに対する防腐効果と寸法安定効果
著者名岩本 頼子
伊藤 貴文
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ35号, p.11-18(2006-03)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (668KB) 
抄録スギ辺材試験片(20×20×10mm(L))に対して、従来から反応容器として使用しているガラス製容器(6.7 l)を用いて無水マレイン酸を使用した気相反応処理(以下MA処理と略す)を行い、既報よりも少ない薬剤使用量で防腐性能が付与されるかどうか、JIS K 1571:2004に準拠した室内防腐性能試験により検討した。その結果、150~180℃の熱処理のみによる防腐効果は期待できないが、180℃のMA処理によって、極めて少ない重量増加率でもJISに規定された木材保存剤の性能基準に近い防腐性能が付与されることが確認された。また、供試したMDFでは、無処理であっても上記の基準に近い防腐性能を示したが、MA処理によってさらに耐朽性が向上することが示峻された。実用化に向けて試作した気相反応処理装置(90 l)を使用して、スギ辺材試験片(9(R)×20(T)×100mm(L))に対してMA処理を実施した結果、ファンガスセラー試験においても耐朽性の向上が確認されたが、長期間の試験によって生じた重量減少率にバラツキが見られ、試験片内部への薬剤到達量に差が生じることが示唆された。また、同処理によって寸法安定性が付与された。さらに、MDFに対しても同様の処理を行った結果、処理によって重量減少が生じたものの、MA処理による耐朽性および寸法安定性の向上が認められた。
索引語MDF;MA処理;処理;使用;付与;耐朽性;向上;防腐効果;防腐性能;スギ辺材試験片
引用文献数5
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat