酵素及び新規酵母を用いた焼酎の醸造試験

酵素及び新規酵母を用いた焼酎の醸造試験

レコードナンバー835318論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000411NACSIS書誌IDAA12152704
著者名日高 照利
水谷 政美
工藤 哲三
岡崎 益己
柏田 雅徳
書誌名研究報告 = Report of Miyazaki Prefecture Industrial Technology Center & Miyazaki Prefectural Food & R&D Center
別誌名宮崎県工業技術センター・宮崎県食品開発センター研究報告
宮崎県工業技術センター宮崎県食品開発センター研究報告
発行元宮崎県工業技術センター
巻号,ページ45号, p.157-158(2001-11)ISSN13455974
全文表示PDFファイル (133KB) 
抄録そば焼酎の苦味に影響を与えると考えられる水溶性蛋白を酸性プロテアーゼ(プロテアーゼYPSS)を用いて150L規模のそば焼酎醸造試験を行った。また、保有する酵母菌株(i-59株)を用いそば焼酎の醸造試験を行いアルコール収得量、酒質について検討した。
索引語醸造試験;そば焼酎;酸性プロテアーゼ;プロテアーゼYPSS;酵素;新規酵母;焼酎;苦味;影響;水溶性蛋白
引用文献数4
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat