過熱蒸気によるせんぎり大根の乾燥

過熱蒸気によるせんぎり大根の乾燥

レコードナンバー835326論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000411NACSIS書誌IDAA12152704
著者名里岡 嘉宏
上原 剛
森下 敏朗
河野 幹雄
書誌名研究報告 = Report of Miyazaki Prefecture Industrial Technology Center & Miyazaki Prefectural Food & R&D Center
別誌名宮崎県工業技術センター・宮崎県食品開発センター研究報告
宮崎県工業技術センター宮崎県食品開発センター研究報告
発行元宮崎県工業技術センター
巻号,ページ46号, p.131-134(2002-11)ISSN13455974
全文表示PDFファイル (308KB) 
抄録せんぎり大根は本県の主要な特産品であり、冬季に天日乾燥により加工されている。しかし、加工できる期間が限定されることや天候に左右されるため品質管理や計画的な生産に苦労している。また、屋外で長時間乾燥するため異物の混入や細菌の付着なども起こりやすい。安全・安心に対する消費者ニーズの高まりから、異物混入対策はますます重要になっているが、天日乾燥では完全な防止は困難である。そこで、せんぎり大根の新規加工法として、過熱蒸気による乾燥を検討した。過熱蒸気乾燥により非常に短時間で乾燥できた。着色を抑制するには温風乾燥との併用が有効であった。また、過熱蒸気乾燥したせんぎり大根は従来の天日乾燥品と色調や吸水性の違いが認められた。
索引語せんぎり大根;乾燥;過熱蒸気;天日乾燥;加工;過熱蒸気乾燥;冬季;期間;異物;混入
引用文献数2
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat