群馬県川場村における民間宿泊業の現状と課題

群馬県川場村における民間宿泊業の現状と課題

レコードナンバー835375論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名関岡 東生
南橋 友香
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ57巻・ 3号, p.205-215(2012-12)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (1036KB) 
抄録群馬県川場村は,1975年から「農業プラス観光」を地域振興の基本理念として種々の地域振興策を講じてきた山村である。その結果として,過疎地域指定(1971年)も2000年には解除される等の成果を生んでいる。本稿では,この「農業プラス観光」を支える基盤である民間宿泊業のうち特に民宿に注目し,現状の分析と若干の考察を行った。その結果,民宿業の現下の優越性として,1)総じて高いリピート率を誇ること,2)各民宿毎に特徴ある客層を対象とした経営を実現していること,3)多くにおいて後継者を有していること,等を確認することができた。一方で,解決を要する点として,1)スキー客への依存,2)地域社会への経済的貢献度の低さ,3)他機関・他組織との連携の弱さ,4)交流事業との連携の弱さ等も明らかとなった。
索引語群馬県川場村;民間宿泊業;現状;農業プラス観光;連携;弱さ;点;課題;民宿;地域振興
引用文献数27
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat