ヒノキ植林地におけるヒナカマキリの産卵場所と生活史

ヒノキ植林地におけるヒナカマキリの産卵場所と生活史

レコードナンバー835376論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名竹内 将俊
腰塚 祐介
行政 邦彦
稲垣 仁太
加藤 聡
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ57巻・ 3号, p.216-221(2012-12)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (450KB) 
抄録静岡県伊豆の国市内のヒノキ植林地に多産するヒナカマキリの産卵場所と生活史を調査した。卵鞘はヒノキ幹上で観察され,地表からの高さは平均値で66.2cm,全体の90%がめくれたヒノキ樹皮内側に産下されていた。調査地は北西向きの斜面林であり,卵鞘のある方位を調べたところ,斜面下部側(北,北西,西)に数多く産下されていた。斜面上部側に比べ下部側はわずかながら温度,湿度が低く,めくれた樹皮が多かった。野外での幼虫や成虫の主な発見場所は,地表のほかヒノキの根元近くの落葉下や樹皮下,幹上であり,いずれも地表から50cmまでの高さであった。同じ試験地で幼虫と成虫の季節的発生消長を調査し,併せて室内で幼虫を飼育し生活史を推定した。野外調査と室内飼育の結果から,このヒノキ集団は,卵鞘内で越冬してから主に6月に孵化し,幼虫期を経て9月以降に成虫となり,産卵後年内に死亡するものと思われた。
索引語ヒナカマキリ;生活史;幼虫;地表;成虫;ヒノキ植林地;産卵場所;調査;卵鞘;高さ
引用文献数13
登録日2013年10月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat