宿主-病原菌関係の進化 III

宿主-病原菌関係の進化 III

レコードナンバー841293論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012210NACSIS書誌IDAN10175325
論文副題宿主特異的抵抗性の進化
著者名清沢 茂久
野村 和成
書誌名農業生物資源研究所研究資料
別誌名Miscellaneous publication of the National Institute of Agrobiological Sciences
Miscellaneous publication of the National Institute of Agrobiological Resources
Misc. Publ. Natl. Inst. Agrobiol. Sci.
Misc. Publ. Natl. Inst. Agrobiol. Resour.
生物研研究資料
発行元農林水産省農業生物資源研究所
巻号,ページ10号, p.61-110(1997-03)ISSN13479393
全文表示PDFファイル (2441KB) 
抄録宿主・病原菌関係の進化の初期に,病原性優位,抵抗性優位と交互に変化している間に生じた抵抗性は主として非特異的真性および圃場抵抗性であった.特異的真性抵抗性は比較的後期に生じた.少なくとも維管束が生じた後と考えられる.維管束の形成は病原菌を空中に押し上げるのに重要な役割を果たした.葉の形成におよんでこの型の抵抗性遺伝子は急速に増えた.この抵抗性は病原菌中に特異的に対応する非病原性遺伝子が存在して初めて可能になる.したがって,特異的抵抗性遺伝子が生じたときすでに非病原性遺伝子は生じていたものと考えられる.選択的利益がないと生存し難いので,非病原性遺伝子産物は菌にとって養分吸収などに多少の役割をもっていたと考えられる.非病原性遺伝子が突然変異を起こしても病原性をもつので少なくともその機能は菌の生存にとって本質的なものではない.各作物の起源となっている近縁野生種は栽培種の持たない多数の抵抗性遺伝子を持っている.このことは,特異的抵抗性遺伝子はその属の発生初期に生じた可能性が高いことを示している.
索引語進化;宿主;病原菌関係;宿主特異的抵抗性
引用文献数253
登録日2012年09月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat