緩効性窒素を含む高度複合肥料と単肥配合のナシに対する肥効の相違

緩効性窒素を含む高度複合肥料と単肥配合のナシに対する肥効の相違

レコードナンバー842804論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名熊代 克巳
建石 繁明
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ4巻・ 2号, p.133-139(1967-09)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (444KB) 
抄録火山灰土壌をつめた大形コンクリート鉢(容積2.33m3)に二十世紀ナシを植え,窒素緩効性の尿素リン安系複合肥料を施用した樹およびそれとほぼ同成分量の単肥を配合して施用した樹とを設けて,樹体の生育量,果実の収量および品質,葉内要素含量,および肥料成分の土壌からの流失量を比較した。その結果を要約すると次のとおりである。1.樹体の生育量,果実の収量および品質共に,複合肥料区のほうがすぐれていた。2.夏期における葉内の窒素含量は,複合肥料区のほうが高かった。3.窒素の土壌からの流失量は,単肥配合区のほうが多く,とくに硝酸態窒素に大きな差が認められた。
索引語緩効性窒素;高度複合肥料;単肥配合;肥効;樹;土壌;施用;樹体;果実;収量
引用文献数8
登録日2014年03月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat