リンドウ属種子の発芽に関する研究

リンドウ属種子の発芽に関する研究

レコードナンバー842825論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名佐野 泰
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ5巻・ 2号, p.55-64(1968-12)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (534KB) 
抄録切花用に栽培されるエゾリンドウを含むGentiana属9種について,種子の発芽条件を調べた。1.エゾリンドウ種子は採種直後より乾燥室温貯蔵360日のものまで,ほとんど発芽がみられなかった。しかし2℃6週間処理,ジベレリン50ppm溶液処理,または2℃4週間およびジベレリン50ppm溶液処理を行ったものでは貯蔵期間中のいずれの時期でも発芽した。2.エゾリンドウは20℃で発芽率が最も高く,平均発芽日数も10.2日と最も短くなった。30℃でも発芽するが,10℃では発芽率は非常に低くなった。3.G. ruiata, G. grailipes, G. lagodehiana, G. pannoniaでは18℃で発芽率が最も高く,G. aetissoni, G. septemfida, G. wntarensisでは23℃で発芽率が最高となった。8℃ではG. lagodehianaが36%発芽したほかは全く発芽がみられなかった。発芽日数はG. wutarensisが18℃で最も短くなった以外は,いずれも23℃で最も短くなった。4.エゾリンドウ種子では低温処理(2℃2~8週間)またはジベレリン処理(25~200ppm)によって発芽率が高められ,ジベレリン処理濃度の高いほどよく発芽する傾向がみられた。さらに両者の組合せにより,より高い効果が得られた。ジベレリン処理は低温処理後に行う方が効果が高かった。5.G. septemfidaでは2℃4~6週間の低温処理で発芽率が高められた。ジベレリン50ppm処理はやや発芽率を高めるが,明確な傾向は認められなかった。6.エゾリンドウ種子では暗黒下におくよりも照明下においたほうが発芽率が高かった。また弱光(1lux以下)よりも強光(約1080lux)で照明したもののほうが発芽率が高かった。証明期間は1日では効果は少なく,連続照明によって高い効果が得られた。7.G. aetissoni,G. ruiateでは明暗によって発芽率に差は認められなかったが,G. aetissoni,G. ruiataでは明暗によって発芽率に差は認められなかったが,G. tibetiaでは新しい種子,古い種子ともに暗黒下では全く発芽せず,照明下でのみ発芽がみられた。
索引語発芽率;発芽;効果;エゾリンドウ;暗黒下;照明下;エゾリンドウ種子;種子;低温処理;ジベレリン処理
引用文献数14
登録日2014年03月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat