信州カラマツ材の需要構造

信州カラマツ材の需要構造

レコードナンバー842839論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
論文副題東信地方産材を中心として
著者名菅原 聰
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ6巻・ 1号, p.31-45(1969-06)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (803KB) 
抄録信州カラマツ材の需要構造についての解明を試みたが,その結果を要約すると次のようである。1)東信地方産の信州カラマツ材は長野県内での建築材を中心とする需要構造と東京を中心とする東海道ベルト地帯での土木用を主体とする需要構造という,消費地域によって非常に異なった2つの需要構造を持っている。2)東信地方産の信州カラマツ材は素材丸太では製材用と杭丸太用,製材品では土木用と建築用でその大半を消費しているという他の一般材とは異なった需要構造を持っている。3)この信州カラマツ材の特徴的な需要構造は,信州カラマツ材の材質的特質によってもたらされたと考えてよい。4)したがって東信地方産の信州カラマツ材においては将来もこのような需要構造が続くであろうと推測できる。
索引語需要構造;信州カラマツ材;東信地方産;土木用;東信地方産材;よう;消費;解明;結果;要約
引用文献数20
登録日2014年03月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat