サンマの脂肪含有量の変動に就いて

サンマの脂肪含有量の変動に就いて

レコードナンバー843859論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004301NACSIS書誌IDAN00167397
著者名長倉 克男
書誌名東北海区水産研究所研究報告
別誌名東北海区水産研究所研究報告
巻号,ページ7号, p.54-59(1956-03)ISSN 
全文表示PDFファイル (4690KB) 
抄録昭和28年より30年に至る3ヶ年間締め胴による搾油法により、北海道から銚子に至る東北海区の漁獲サンマの含油率を調べた。花咲・厚岸沖に於ける初漁期にかなり高含油率の漁期があり、三陸沖の盛漁期には緩慢な傾斜を以て減少し、常磐沖以南の終漁期には著るしく減少、特に大型魚に著るしく思われた。恵山沖のサンマは一般の南下群とは異り、含油率に於いて特殊の状態を示した。尚3ヶ年を通じて盛漁期には大型魚・中型魚何れもその含油量率は10~20%であった。又浮上油量より総含油量を推定する式を出した。搾油に於ける締め胴の使用は測定の項に述べた様な理由で採用したものであって、之は東北水研所長木村喜之助博士が嘗て農林省水産試験場時代に実施された締め胴搾油によるマイワシの含油率(未発表)の例にならったものである。
索引語含油率;サンマ;胴;大型魚;以て減少;項;脂肪含有量;変動;搾油;減少
引用文献数4
登録日2014年08月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat