附着硅藻の生態学的研究、特に浮遊・底棲硅藻との関係について(1)

附着硅藻の生態学的研究、特に浮遊・底棲硅藻との関係について(1)

レコードナンバー843899論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004301NACSIS書誌IDAN00167397
論文副題塩釜港における附着硅藻の季節的変化の概況
著者名佐藤 重勝
書誌名東北海区水産研究所研究報告
別誌名東北海区水産研究所研究報告
巻号,ページ11号, p.94-111(1958-03)ISSN 
全文表示PDFファイル (15825KB) 
抄録1.1956年4月から1957年5月迄約1年間塩釜港内海苔場の中央に当る地点で竹、スレートの附着硅藻、管瓶に沈澱する硅藻、プランクトン・ランターンによる浮游硅藻の調査を行った。2.附着硅藻の季節的変化は実に著しく略々4期に区分される。(a)I月~III月 殆んどない。他の藻類が附着する。(b)IV月~VII月 やゝ多い。(c)VIII月~IX月 やゝ少ない。水?が極めて多い。(d)X月~XII月 著しく多い。3.管瓶に沈澱する硅藻は(b)(d)期は附着硅藻、(a)(c)期は沿岸性浮游硅藻が多い。4.Pleurosigmaは竹に附着すること少なく、スレート上面又は沈澱管に見出される。5.附着硅藻が顕著に減少するI月~III月には浮游硅藻が多い。6.Chaetocerosは浮游硅藻としては採集されるが、沈澱管内には少ない。7.調査結果に基いて各硅藻の生態関係を考察し、之等が相互に連続した関係にあることを示した。
索引語附着硅藻;浮游硅藻;季節的変化;管瓶;硅藻;I月;III月;期;附着;生態学的研究
引用文献数17
登録日2014年08月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat