サンマの脂質(1)

サンマの脂質(1)

レコードナンバー843931論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004301NACSIS書誌IDAN00167397
論文副題各種溶剤による肉脂質の分別
著者名長倉 克男
川崎 典子
書誌名東北海区水産研究所研究報告
別誌名東北海区水産研究所研究報告
巻号,ページ16号, p.140-144(1960-03)ISSN 
全文表示PDFファイル (4618KB) 
抄録サンマ肉質部を血合・白身の部分にわかち、石油エーテル・エーテルで溶出する脂質を遊離脂質とし、アルコール・クロロフォルム・塩酸分解によって溶出する脂質を結合脂質とし、その分布状態を調べた。(1)肉中の総脂質は血合肉では白身肉の約4倍程度の量を保有している。(2)血合・白身各肉中に含有される結合脂質の比率は殆んと差が無く、総脂質に現はれる大差は遊離脂質の為である。(3)遊離脂質は血合肉では96~97%、白自身肉で90%前後であるが、東北海区での終漁期の12月初旬の試料のみはこの比率が低く、特に白身肉での51%は著るしく低い値であった。生理的・環境的原因により本来の体肉構造にのみ必要な或る比率に近づいた値ではあるまいかと推論した。(4)沃素価の測定をするとクロロフォルに抽出区分が、血合・白身肉を通じて30~60の低い値を示していた。
索引語脂質;血合;白身肉;比率;値;白身;溶出;遊離脂質;血合肉;エーテル
引用文献数3
登録日2014年08月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat