ノリ糸状体の色素並びに酸素放出について

ノリ糸状体の色素並びに酸素放出について

レコードナンバー843937論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004301NACSIS書誌IDAN00167397
著者名佐野 孝
書誌名東北海区水産研究所研究報告
別誌名東北海区水産研究所研究報告
巻号,ページ17号, p.38-44(1960-11)ISSN 
全文表示PDFファイル (5735KB) 
抄録ノリ糸状体の水溶性色素及び脂溶性色素について測定し、糸状体の同化作用に影響を及ぼす水温。塩素量並びに栄養塩の濃度について検討した。1)糸状体の水溶性色素の吸収帯は、495~500mμ・540mμ・560~570mμ及び620mμであった。2)糸状体の脂溶性色素の吸収帯は、435~440mμ・480mμ・660~670mμ(90%エタノール溶液)であった。3)これら糸状体の色素の吸収帯は、ノリ藻体の色素の吸収帯に一致する。4)一定の培養条件では、水温30℃以上・塩素量8‰以下では、糸状体の同化作用は阻害されるようである。5)栄養塩の濃度は、燐酸塩として2μg-atom/L以下・アンモニア態窒素及び硝酸態窒素は80μg-atom/L以下の濃度で、培養することが適当のように思われる。
索引語糸状体;吸収帯;色素;濃度;ノリ糸状体;水溶性色素;脂溶性色素;同化作用;栄養塩;atom
引用文献数8
登録日2014年08月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat