東北海区における動物プランクトンの性状

東北海区における動物プランクトンの性状

レコードナンバー843980論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004301NACSIS書誌IDAN00167397
論文副題水域の差による湿重量・出現率・組成率の吟味
著者名小達 和子
書誌名東北海区水産研究所研究報告
別誌名東北海区水産研究所研究報告
巻号,ページ21号, p.93-103(1962-06)ISSN 
全文表示PDFファイル (9612KB) 
抄録昭和26年から35年までの10ヶ年間の7月・8月におけるプランクトン標本の湿重量・出現率・組成率について検討した。1.暖水域のプランクトン湿重量は1,500mg以下が90%以上を占め、最大量は2,500mg前後である。2.1採集ネット当り3,000mg以上採集された場合は冷水域の標本と認められる。冷水域では3,000mg以上採集される回数は、それ以下の回数と略々同数である。3.平均的にみてプランクトン採集量は、混合水域を1とすれば純親潮域では3、親潮系水域では2、黒潮系水域及び純黒潮域では0.7の割合となる。4.採集された各種プランクトンの中、代表的な種類32種について検討した結果、次の各3種類が冷水性・暖水性の指標種として認められた。冷水性種<1.Calanus cristatus 2.Calanus plumchrus 3.Sagitta elegans>暖水性種<1.Lucifer sp. 2.Scolecithrix danae 3.Eucalanus mucronatus>
索引語湿重量;出現率;組成率;採集;検討;冷水域;回数;Calanus;プランクトン標本;プランクトン湿重量
引用文献数5
登録日2014年08月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat