台風により発生した水稲褐変籾の種子適性に関する研究

台風により発生した水稲褐変籾の種子適性に関する研究

レコードナンバー844239論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009531NACSIS書誌IDAN00142283
著者名長谷川 理成
畠山 富治
吉田 俊郎
書誌名千葉県原種農場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Foundation Seed and Stock Farm
別誌名Bull. Chiba Found. Seed & St. Farm
千葉原農研報
発行元千葉県原種農場
巻号,ページ6号, p.1-8(1984-03)ISSN03875229
全文表示PDFファイル (485KB) 
抄録昭和57年8月2日に中部地方に上陸した台風10号による乾燥した強風のため、千葉県下全域に褐変籾の発生が認められた。農産物検査規定・生産物審査基準によれば、褐変籾は被害粒とされ、製品種籾への混入の許容最高限度は0.5%であり、種子場では褐変籾の選種方法・種子適性が問題となった。1. 乾燥した強風が吹走した8月2日前後に出穂した圃場では、褐変籾・不稔籾が多発し、特に晩生品種コシヒカリに発生が多かった。2. 褐変籾指数と登熟指数との間には、r=-0.656**という強い負の相関が認められ、褐変籾歩合が40%を超える試料では著しい登熟不良となった。3. 褐変籾は、正常籾に比べ粒厚・比重ともに劣った。また、一般的な選種方法である篩目2.2mmの粒厚選、比重1.13の比重選では、農産物検査等の許容最高限度の0.5%以下まで褐変籾を除去することはできなかった。4. 褐変籾の発芽率は、98.0~100%で十分な発芽能力を有した。5. 褐変籾の苗の生育は、適切な育苗条件下では正常籾に劣らないが、出芽期の温度不足という不良環境下では、出芽の揃いが悪く、草丈・苗乾物重が小さくなった。6. 調査結果から、褐変籾を準種子として使用する場合、種子センターにおける篩目2.2mmの粒厚選で実用的には十分であると考えられた。7. 障害籾の種子適性の判定には、発芽力調査に加え、育苗試験・種子の活力判定を行う必要があると考えられ、その方法については今後の検討課題であると思われた。
索引語褐変籾;種子適性;許容最高限度;選種方法;正常籾;粒厚選;発生;水稲褐変籾;乾燥;強風
引用文献数14
登録日2015年04月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat