泥炭質強湿田に於ける早期栽培稲の黒色根及び濃褐色根の発生経過

泥炭質強湿田に於ける早期栽培稲の黒色根及び濃褐色根の発生経過

レコードナンバー845094論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名林 政衛
小中 伸夫
五十嵐 暁三
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ2号, p.64-66(1958-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (328KB) 
抄録1. 泥炭質強湿田に於て早期栽培稲の黒色根及び濃褐色根の発生,稈基部の澱粉含量,土壌のEh6及び地温を10日間隔に測定した。2. 濃褐色根は幼穂形成期以後に,黒色根は出穂期頃に最高に達したが,最高分けつ期頃はその増加が最も著しい。黒色根の発生は早期栽培が多く,濃褐色根の発生には差がみられなかった。3. 稈基部澱粉含量は分けつ最盛期頃に最も低下した。4. 土壌の酸化還元電位は-100~+80mvであって,稲の生育時期とは直接の関係は認められなかった。
索引語黒色根;濃褐色根;発生;泥炭質強湿田;早期栽培稲;土壌;幼穂形成期;生育時期;発生経過;稈基部
引用文献数4
登録日2015年08月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat