大豆作における灌水および虫害防除の効果に関する研究

大豆作における灌水および虫害防除の効果に関する研究

レコードナンバー845125論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名林 政衛
高橋 芳雄
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ3号, p.26-29(1958-12)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (542KB) 
抄録中間大豆のうちで,成熟期の早いタマムスメと成熟期の遅い関東17号を供用し,開花期間の灌水および虫害防除の効果について実験を行い次の結果をえた。1. 無処理の虫害は関東17号がタマムスメに比べてきわめて多く,また,その被害の様相は品種によって異なり関東17号はシロイチモジマダラメイガによる被害が圧倒的に多く,カメムシ類,ダイズサヤタマバエ,マメシンクイガは少ないが,タマムスメではシロイチモジマダラメイガの被害がその他の虫害よりやや多い程度である。2. 灌水による用水不足の防止によって分枝数,着莢数,総胚珠数,子実重量が増加する。3. 網掛けによる虫害防止によって着莢数,総胚珠数,上子実重が増加する。4. 以上に述べた灌水および網掛けの効果はタマムスメでは低いが関東17号では高くあらわれる。この場合,網掛けによる虫害の防除の効果が特に高い。以上の結果から,本県の洪積火山灰土地帯においてはタマムスメは安定した栽培しやすい品種であるがその生産力は低い。関東17号のようにやや晩生の品種はこの点不安定であるがすでに明らかにされた障害の原因を除去しうる手段を確立すれば相当高い生産力を期待することができるものと認められる。
索引語灌水;効果;虫害防除;虫害;成熟期;莢数;被害;品種;網掛け;大豆作
引用文献数1
登録日2015年08月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat