マクワウリのハウス栽培における授粉効果について

マクワウリのハウス栽培における授粉効果について

レコードナンバー845161論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名荻原 佐太郎
伊藤 政和
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ5号, p.109-112(1964-12)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (553KB) 
抄録ビニールハウスまたはガラス室を利用したマクワウリの促成半促成栽培では,着果率が極めて低いので,着果率の向上を目的として人工授粉の効果について試験を行った。この結果ハウス栽培のマクワウリは,放任では0~20%程度の着果率であるが,人工授粉により50~70%まで引き上げることができた。とくに着果歩合は栽培の初期ほど低いので,授粉効果は初期ほど大きいといえる。人工授粉の方法は同花で単に筆媒助するだけでよいが,雄花花粉を媒助すれば更に高い効果が期待される。人工授粉により着果歩合が向上し,収穫率も高くなる。また食味で最も問題となる糖分も増加するので,かかる促成ハウス内栽培では人工授粉が必須の作業となる。
索引語人工授粉;マクワウリ;初期;着果率;授粉効果;向上;着果歩合;栽培;必須;ハウス栽培
登録日2015年08月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat