夏期湛水条件がヒメアマナズナ,クジラグサ,グンバイナズナ種子の生存に及ぼす影響

夏期湛水条件がヒメアマナズナ,クジラグサ,グンバイナズナ種子の生存に及ぼす影響

レコードナンバー850069論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名青木 政晴
浅井 元朗
酒井 長雄
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ57巻・ 3号, p.109-115(2012-09)ISSN0372798X
全文表示PDFファイル (830KB) 
抄録長野県のコムギ連作圃場では,アブラナ科の帰化雑草であるヒメアマナズナ,クジラグサ,グンバイナズナの発生が拡大し,多発により収穫放棄圃場まで出現している。本試験では,3草種に対する耕種的防除技術を確立するため,コムギ収穫後の夏期の圃場管理が種子生存に与える影響を検討した。3草種の種子は,畑条件ではほとんど死滅しなかった。湛水条件と畑条件を繰り返す間断湛水管理では,2ヶ月間の処理によっても発芽可能種子割合は0~90%と年次間変動が大きかった。一方,湛水条件では,3草種とも発芽可能種子割合が1ヶ月間湛水では10%程度に,2ヶ月間湛水では3%未満に減少した。また,グンバイナズナが多発した転換畑では,水稲作への復元により,埋土種子量は,水稲作付前の約90,000粒/m2から水稲収穫時には約6%に減少した。また,水稲作後のコムギ作での発生密度は75個体/m2であり,この発生密度は多発生に区分される。したがって,夏期湛水管理は供試した草種に対する防除手段として有効であるが,多発圃場における埋土種子根絶には,2作以上の水稲栽培への転換が必要と考えられる。
索引語ヒメアマナズナ;バイナズナ;影響;多発;畑条件;湛水条件;発芽可能種子割合;減少;発生密度;コムギ収穫後
引用文献数22
登録日2013年06月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat