日本海沖合漁場におけるイカ釣り漁業用青色LED漁灯の性能評価

日本海沖合漁場におけるイカ釣り漁業用青色LED漁灯の性能評価

レコードナンバー850240論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名四方 崇文
山下 邦治
白田 光司
町田 洋一
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ78巻・ 6号, p.1104-1111(2012-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (4042KB) 
抄録調査船にLED灯を装備してスルメイカを対象にしたイカ釣り操業を行った。メタルハライド(MH)灯78灯による操業を基準に比較したところ,LED灯単用操業では漁獲量は大きく減少したが,LED灯216灯とMH灯24灯の併用操業では漁獲量の減少が小さく,漁灯点灯のための燃油消費は大幅に減少した。以上より,両灯を併用することで漁獲量をある程度維持しつつ燃油節減できることが分かった。MH灯に比べてLED灯は船体近くの限られた範囲にのみ光を放射しており,配光の違いが漁獲性能を左右すると考えられた。
索引語漁獲量;減少;LED灯;MH;操業;光;日本海沖合漁場;イカ釣り漁業用青色LED漁灯;性能評価;併用
引用文献数21
登録日2013年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat