仙台湾におけるアカガイScapharca broughtonii貝桁網の漁獲効率の推定

仙台湾におけるアカガイScapharca broughtonii貝桁網の漁獲効率の推定

レコードナンバー850241論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名田邉 徹
渡邊 一仁
鈴木 矩晃
小野 利則
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ78巻・ 6号, p.1112-1117(2012-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (730KB) 
抄録本研究では,貝桁網漁船が通常使用しているアカガイScapharca broughtonii桁網の漁獲効率を,操業実験試料から標識貝を用いDeLury法で求めた漁具能率と,漁場面積及び掃過面積の比により推定した。仙台市荒浜沖アカガイ漁場に設定した試験区に標識アカガイを放流し,翌日貝桁網を用いて標識貝を採捕した。漁獲効率として0.54を得たが,これは60~70年代のアカガイ桁網の漁獲効率よりも著しく高く,アカガイ資源管理における漁獲効率の再考が必要である。
索引語漁獲効率;推定;アカガイScapharca broughtonii貝桁網;貝桁網漁船;アカガイScapharca broughtonii桁網;操業実験試料;標識貝;DeLury法;漁具能率;漁場面積
引用文献数19
登録日2013年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat