昇温レオロジー測定によるクッキーのガラス転移挙動に関する研究

昇温レオロジー測定によるクッキーのガラス転移挙動に関する研究

レコードナンバー850323論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名川井 清司
籐 翠
坂井 佑輔
羽倉 義雄
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ13巻・ 4号, p.109-115(2012-12)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (730KB) 
抄録乾燥食品のガラス転移温度(Tg)は示差走査熱量計(DSC)によって明らかにされる。しかし,様々な成分が混在した加工食品の場合,DSC曲線は極めて複雑な挙動を示すため,Tgは不明瞭となる。筆者らはレオメーターに温度制御装置を取り付けることによって試料に一定荷重を加えた状態で等速昇温可能な測定システム(昇温レオロジー測定)を構築した。これは熱機械測定の原理に基づくものであり,ガラス転移に伴う軟化を捉えることができる。本研究ではモデルとして非晶質イヌリンを用い,DSCによって明らかにされるTgと昇温レオロジー測定によって明らかにされる軟化温度(Ts)との関係を調べ,両者は良好な正の相関を示すことを明らかにした。また,これまでにTgに関する報告が殆ど無かったクッキーを対象とし,昇温レオロジー測定によって軟化を明確に捉えられること,得られたTsは含水率の増加と共に低下することなどを明らかにした。
索引語Tg;昇温レオロジー測定;クッキー;軟化;レオメーター;正の相関;Ts;ガラス転移挙動;研究;ガラス転移
引用文献数34
登録日2013年07月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat